外壁塗装をやってみた感想

とても手慣れているようでした

長い目で見れば何度も外壁塗装をしなくて済む : とても手慣れているようでした : アフター保証がしっかりしている

外壁塗装では塗料代だけでなく、工賃や足場代なども発生します。
そのため塗料の価格が安くても、外壁塗装の回数が多くなると、結果的にトータルでは高くなってしまうということだったので、今回は少し単価が高くても寿命の長いものを選ぶことにしました。
その選んだ塗料というのは、フッ素樹脂塗料と呼ばれるものです。
実は、いま一番人気でもある塗料ということでした。
耐候性に優れるために寿命もウレタン塗料やアクリル塗料などに比べると長くなるようです。
考えてみれば、外壁というのは常に太陽光や紫外線を浴び、雨水が降りつけます。
さらに、調べてみると酸素による酸化反応や朝夕の温度変化なども変形や変色、劣化を誘発してしまうそうです。
しかし、このフッ素樹脂塗料はこのようなものの影響を受けにくく、変質を起こしにくいとのことでした。
外壁塗装では、最初に足場を作ります。
足場作りは1日で、手際よく組まれていきました。
周囲に塗料が飛び散らないようにしっかり養成もなされていきました。
また、塗装段階に入る前に塗料が剥がれてしまったところなど、傷んだところを綺麗に修理してから塗装に入るようでした。
ベテランの職人さんと若い職人さんと2〜3人での作業でしたが、とても手慣れているようでした。